読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bboyはセレブになれるのか?その2

bboyがセレブになる方法をつらつら考えてみる。

 

プレイヤーとしては現時点では芸能人化しか無いと思われる。

 

CM、スポンサー、営業、講演会やらやら、、、

 

バックボーンや境遇を考えた時に武井壮方式が成り上がるのに一番近い。

 

完全なるタレント化。

 

ただ類まれなトークのセンスやキャラが必要不可欠で時流もあるため完全に運任せ。

 

加えてタレント活動を行うのでプレイヤーと言っても一線で踊り続けれるようなバリバリの現役を続けることは不可能。

 

後はEXILE方式でアーティスト化だけど、bboy、ダンサー関連の先発の方々がことごとくポシャってるのを見るとなかなか難しそうではある。

 

女子中高生受けしそうな愛と恋とか友情とか夢とかをメロウに歌い上げてる横でパワーぶんぶん、スレッド抜き抜きとか個人的にはおもしろいけど奇妙すぎる。

 

次はオーナーとして

 

従来のダンススタジオのやり方ではそれこそ有象無象の中に埋もれて日銭を稼ぐので一杯一杯になりかねない。

 

高齢化社会を迎えるにあたり、高齢者の取り込みが急務であることは明白であり、手つかずのブルーオーシャンだと思うのは自分だけだろうか?

時間もある、お金もある、無いのは健康だけ。

 

そんなご老人方にbboyingを媒介とした健康増進を訴えることで新たな市場を創設することができるかもしれない。

 

もちろん老人用にカスタマイズする必要はある。

 

bboyにありがちな勘違いに、とにかく上手く無ければいけないという考えがある。

 

それが一般層を遠ざけてることにも気付かずに。

 

オーナーとして考えることはそういうことではなく、いつでも、誰でも、どこでも、気兼ねなく万人が楽しめることを提供しなければいけないということだ。

 

bboyingには手付かずの世代が多々ある。

 

老人ではなく30代、40代、50代でもいい。

 

健康や体力維持のためにジムで汗を流している世代である。

 

そこを奪えることができたら。

 

フィットネス化できればなおいい。

 

やりたいけどこの年になって今更気恥ずかしいし上手くできなかったら恥ずかしいし、、、

 

そんな障壁を取っ払ってやるように敷居の高さをこれ以上ないくらい下げなければいけない。

 

まぁこの話はセレブになれるかどうかの話とは少しずれるかもしれないが、、

 

とにかくbboyは敷居の高さを下げないといけない。