読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BBOYのタトゥー

BBOYのタトゥーについてです。

 

タトゥーそのものの議論はともかくとして、BBOYのタトゥーについての話です。

 

BBOYINGのためにタトゥーを入れている場合については、日本における諸々のデメリットを甘受する覚悟から、BBOYに命を懸けている、という意思表示と取ることができます。

間違っても、付き合った女の名前を彫った1週間後に別れる、という中学生レベルのDQN思考が介在してはいけません。(してる人もいるかもしれないけど)

BBOYカルチャーを愛しているが故の覚悟のタトゥーです。

 

まず、タトゥーが入ってると(面積や柄にもよりますが)かなり上手いBBOYなのかな?と期待感が高まります。

バトル相手であれば「こいつえげつないことしてきそうだな~」とかなり嫌です。

 

BBOYタトゥーのメリットとして、ムーブ前から威圧感とともに上手いオーラを醸し出すことが出来、実際に上手ければさらにフレイヴァーばりばりでめっちゃかっこいいという点が挙げられます。

 

しかし、デメリットとして、あまり上手く無かったり、上手いんだけど特徴が無い平凡スタイルだったり、クラッシュしてみたりミスったりすると、肩透かし感がかなり強くなり、周囲をなんとも言えない気持ちにさせる効果があります。

 

出落ち的な哀愁が漂うと言いますか。

 

日常生活におけるタトゥーは、「自己防衛」のための「威圧」として十分に機能するんですが、かましてナンボのBBOYの世界ではそれがかえって仇になる可能性が非常に高いです。

 

タトゥーを入れる、入れないの判断は個人の問題なので自由にすればいいと思いますし、別に上手く無かろうがなんだろうが関係無しに様々な思惑でタトゥーを入れる人もいるでしょうから十把一絡げにすることはできませんが、ただ1つ言えることは、何の事情も知らない第三者から見た時に「見掛け倒しかよ、、、」と思われることだけは確実なので、タトゥーを入れたいと思っているBBOYは十分に機を見て入れるべきかと。

また、中高年、老年に至り、ほとんど前線から引いているにも関わらず、ドクロやら毒々しいBBOYにちなんだ何かが彫られていることを想像すると結構恥ずかしいかもしれません。

 

BBOYシーンにおけるタトゥーは条件を満たしていないと「ダサイ」可能性が非常に高いんじゃなかろうか、というお話でした。