読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bboy革命

常にフレッシュでいることがbboyの命題とされています。 流行が次々に移り変わるあたりファッションと似通っており、常に陳腐化との戦いでもあります。 流行の発信源となるイノベーターから広がりを見せ、猫も杓子もやりだすのにさして時間はかかりません。 …

bboyの価値

さてさて、何度もお伝えしている通り通常一般社会においてbboyの地位というのは鬼のように低いです。 年配者からするとそんなくだらんもんやって、、、と渋い顔。 女性からも回って回って~とおもちゃ扱い。 ブレイクダンスに異常に興味を示すのは中学2年生…

bboy crumbs / bboyの悲哀

bboy crumbs 90年代を代表するbboyの一人ですね。 というかトップbboy、the oneと言っても差し支えないほどのbboyです。 最近始めた人だと名前もムーブも知らないかもしれませんね。 当時は比類無きオリジナルスタイルで世界中のbboyが影響されまくってま…

BBOYのセカンドキャリア問題

ブレイクダンスの旬は短い。 一世を風靡したにも関わらず表に出なくなるとあっという間に忘れ去られていく。 ここで言うセカンドキャリアとは、本来の意味とは違いますがこの一世を風靡した後と捉えてもらえれば。 最新のスタイルにも付いていけなくなり、結…

悲しきブレイクダンサー

まず初めに、全然ディスりとかではなく正直に事実に基づいた自分の感想だってことを断っておきます。 自分が知っているアラサー、アラフォーBBOYの話です。 無職、フリーター、派遣、土方、飲食やら、、、 正直な話、ダンスのために本来充実させなければいけ…

パワームーバーの悲哀

続きです。 パワームーバーは気が遠くなるほどの時間と、労力と、それこそ交通費や場所代、体のケアに関するお金をかけ、技を習得していきます。 そしてその維持にもまた膨大な犠牲を要するという、もはやドマゾか仙人か孤高の人かと言った高みに位置する存…

エアートラックスのやり方・コツ/パワームーバーの悲哀

今も昔も、bboyなら必ず一度はエアートラックスの洗礼を浴びるでしょう。 今でこそエアー人口はかなり多いですが昔はごく限られた人間しかできない技で、今で言えばワンハンドエアー並の高難易度としてすべてのbboyの前に壁として立ちはだかっていました。 …

ブレイクダンスがオリンピック種目に?

なるわけないでしょうw 冗談かどうかはわかりませんが、ブレイクダンス界隈では時としてこうした話題が持ち上がることがあります。 議論されている方は、オリンピック憲章の中に競技、種別、種目の認定について記載がありますがおそらく読んでいないか、も…

ブレイクダンスの展望

前回は現実を踏まえた上でかなり辛辣な意見を述べてみましたが 今回はブレイクダンスの今後について個人的な見解を述べていきます。 まず、これからブレイクダンスをやろうとしている方、またはやり始めている方、 あなたの時間と努力を注ぎ込むほどに将来的…

ブレイクダンス・bboyの現実社会に関する問題

しょっぱなから重たい話ですw 社会との折り合いの付け方っていうのは、ブレイクダンスをしている人間に付きまとう重要な問題だと思っています。 これから始めようっていう人にとっては、将来的にどういうことが起きるのかという指標になるんじゃないでしょ…