読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AB-BOYの考察

考察、というほど深くもなく硬くも無いのですが、、、

題名の通り、ab-boyについてです。

 

大御所や通常のbboyスタイル・bboy musicを好む層は強烈な拒否反応を示し、かと思えば熱狂的なプレイヤー・ファン層がいるという、bboy界の最果てでもあり強烈な熱源でもある、矛盾を内包した特殊の極地に位置しているab-boy界。

 

それほど長くもないbboyの歴史においてここまで賛否両論極まれり、と言ったジャンルが今まであったかというくらいに際立った個性を放つab-boy界ですが、客観視してみると何層にも積み重なったファクターで現在の隆盛に至っているのだな、と感じさせられます。

 

まずは、音楽的なアプローチからのジャンル確立かなと。

 

bboy界においては、音楽的なアプローチよりもシチュエーションやムーブからのアプローチが非常に多いです。(無いわけではありません。)

初期の基本技は他ジャンル、あるいは既存の技からインスピレーションを得て誕生している経緯があります。

中国拳法、サルサ、体操、カポエラ、アフリカンダンス、、、などなど現代においても樹形図のようなムーブからの派生を非常に多く読み取れます。

 

一方、現代に存在するダンスジャンルやステップは基本的には音楽ありきで、その音楽にマッチした形で発生してきました。

極端な話ではありますが、クラシックでbboying、break beatでバレエを踊ることの違和感を想像してもらえればわかりやすいかと思います。

 

翻ってab-boyは自分が踊りたい曲で、自分の得意なジャンルを踊る、という、ムーブアプローチでもなく、アニメミュージックから着想を得てまったく未知のダンスジャンル・ステップを確立するでもない、あくまで既存のダンスジャンルを踏襲しつつ「a-musicでありさえすれば何をしてもいい」というカオスな思想を軸にbboy界に1つのジャンルを確立しました。

「フレッシュ・オリジナルであれば何をしてもいい」時代があったbboy界ですから、こうしたカオス観は相通ずるものがありますね。

今まで様々な音楽を介して発生したダンスジャンルがa-musicの名の下に集結するわけですから、仮に音ハメをしていても根本的にムーブと音楽がマッチしていない違和感は厳然として存在しています。しかし、その違和感すらも織り込み済みの熱量ですから詰まるところ理屈では無く「これはこれ」といったところでしょうか。

ただ誤解が無いように、ab-boyの方々は曲に非常に強い思い入れがあるため音楽への反応性は非常に高く、通常のbboyよりも音楽の聞き込み具合が深いように感じました。

 

 

価値観の変容によりアニメ・声優文化への蔑視が和らぎ、市民権を得ることができたことも大きな要因でしょうか。

一昔前のオタクと言えば、宅八郎宮崎勤などからもたらされた気味が悪く後ろ暗いネガティブなもので、一言で言えばただただ「気持ち悪い」ものでした。

それが現在は非常にカジュアルなものになり、インターネットの発達により従来であればダンスに関わりの無かった層が大量に参入し、パイオニアbboyの活躍も後押しになり、長らく暗黙の掟としてタブー視されていた「アニメソングで踊る」という行為の正当化に成功しました。

「赤信号、みんなで渡れば怖く無い」の精神ですね。

もはや赤信号ではありませんが。

アニメファン・声優ファンであるダンサーの「アニメミュージックで踊りたい」という願望は、「アニメミュージックで踊ることの気恥ずかしさ」「ディスの対象になる恐怖」から、長らく抑圧されていましたが、諸条件が重なったことで局知的に爆発的な隆盛を極めることになります。

 

ニコニコ動画、パイオニアbboy、テレビ、インターネット、イベント、、、

 

 

エンターティメント性の高さも特徴で、一般受け、、、とまではいかないかもしれませんが数多のアニメファンを取り込む要素をふんだんに備えています。

フリースタイルバトルよりもフリーでありつつ、かと思えば強烈な縛りが存在している点もコンセプトがブれない要因であるのかなと。

bboyに対する認知拡大に一役買っていることは間違い無く、bboyのオーバーグラウンド化を望んでいるab-boyアンチは一概に否定できないところではないでしょうか。

 

アニメ・声優を媒介としたストリートダンス、ひいてはbboyingの普及といった側面からは非常に強い意味を持っていると思います。

 

 

しかし、前述したこうした要素の全てがbboyの本筋を好んでいる層の頭痛の種になっていることもまた事実で、bboy musicから繰り出されるbboy moveのdopeでcoolな、bboyの本質的なエッセンスが脱落していることが理由かと思われます。

bboyはhiphopのエレメンツであり、既知のhiphopとかけ離れすぎている、あるいはhiphopが存在していない状態であると。

文字にするとわかりづらいですねw

アンチとしてはシンプルに「かっこよくない」という一言に尽きるのかもしれません。

 

長くなってきたのでこのへんで、、、

taisuke vs hong10 red bull bc one

bc oneのtaisuke vs hong10を改めて観て思うこと。

 

hong10は細かいミスをするものの必ずリカバリーしてフリーズまでまとまっており結果的に圧倒する形になっていたように思います。

 

taisukeはやはりショートムーブがネックになっている、、、と言ったところでしょうか。フリーズも流れ気味で、ムーブ先行の急いてる感じで音楽性も少し微妙な感じがしました。

ショートムーブに関してはbc one当初から言われていたことで、スタミナの問題なのかポリシーの問題なのか定かではありませんが、逆を言えばそこさえ克服していれば早い段階でチャンピオン、あるいはlilouのように複数回の優勝もあり得たかもしれません。

タラレバの話をしてもしょうがないかもしれませんが、おそらく全世界のbboyが疑問に感じている部分かもしれません。

なぜショートムーブにこだわるのか?という部分ですね。

 

一般のバトルでもムーブが短いことが敗因になるのは普通のことであり、彼ほどのレベルであれば十分理解していたでしょうから、あえての美学として、という側面が大きかったのではと想像してしまいます。

個人的にも長くムーブすることがいいのか?という思いはありますので、ショートムーブだからこその良さを理解する考え方はあって然るべきだと思います。

 

いずれにしても記憶に残るバトルの1つとして今後も語り継がれていくことになるでしょう。

ユースオリンピックでブレイクダンス

オリンピックのことを書いたと思ったらタイミング良くユースオリンピックでダンススポーツがプログラムに加わるとのニュース。

 

ダンススポーツという名称、男女混合でブレイクダンスメイン、というところに一抹の不安を感じる部分もあるがまずは今後のブレイクダンスの展望を占う試金石として非常に重要な意味を持つことは間違い無い。

 

しかしダンススポーツという名称、、、あくまでスポーツであることを前面に押し出したようなダサいネーミングだが、名前に引きづられてスポーツの部分に特化しすぎなければいいけど、、、。

 

男女混合の比率も決まってるんだろうか?

決まっていないなら女子は1人でも入っていればいいんだろうか?

そしてバトル中にその女子を出さないことも可能なのか?はたまた全員出ないといけないのか?

日本はbgirlも充実しているから問題無いにしても、bgirl事情が遅れている国としては弁慶の脛になりかねないメンバーをバトルで出すのは大きな痛手だ。

 

ジャンルはブレイクオンリーなのか?

ベースはブレイクで他ジャンルもアリなのか?

そうなるとより審査が難しくなりそうだけど。

 

ジャッジはどうなるのか。

まさかいつも通り勝った方に手を挙げるパターンじゃあるまい。

それじゃ不正し放題だ。

ただでさえ自分の国のbboyにしか手を挙げないジャッジもいる中で、公平性を保つためには点数化、数値化による可視化が絶対条件だ。

手を挙げるだけならなんとでも理由付けができてしまう。

公式にスコアが残る形じゃないと、それこそスポーツマンシップに則らない不平不満の渦巻く競技になってしまう。

ただな~こっちの方がよりbboyらしかった、っていう理由での勝ち方も存在する中で果たしてどういった審査基準が設けられるのか期待半分不安半分、、、。

 

数多のbboyイベントで成しえなかった厳格な得点制度がオリンピックで初めて誕生するんだろうか?

難度Aだの難度Eだの、、、でもそれを上回るmusicaltyの要素、bboyの要素やらにも数値というか難度めいたものが付くんだろうか?

 

競技の内容よりも、外堀を埋めるシステム作りの方が楽しみかもしれない。

bboyのスポンサー

bboyのスポンサーと聞いてすぐ挙がるものとしては

 

red bull

monster energy

ムラサキスポーツ

puma

g-shock

new era

 

有名どころだとこのへんでしょうか。

 

ドリンク

時計

帽子

 

tribalは今はどうなんでしょう。

tribal crewがあったくらいなんでスポンサーだったとは思うんですが。

今はほとんど見ませんが一時期はみんなtribalってくらい流行ってましたね。

 

bboyを広告塔にすることでメリットのある企業が入るんであれば、メットメーカーなんかも入って良さそうですけどね。

と言っても今は誰も現場で使ってないか、、、。

 

ちょっと意外なのはg-shock

ガチで踊る時に時計を付けるなんてありえないからbboyへの訴求では無く、ブレイクダンスのような激しい動きをしても壊れないよ、っていうマス層への宣伝なんだろうか。

 

puma以外の靴メーカーはどうなんだろう。

bboyは練習ですぐに靴がヘタるから一般の人と比べて買い替えの回転が早いし、靴好きが多いからコレクションとしても揃えることが多いし、ターゲットとしてはうってつけなんだけどいかんせんパイが小さすぎるのか?

adidasnikenew balance、conversあたりも実はスポンサードしてたりするんだろうか。

break danceをオリンピック種目にする必要はない

オリンピックとブレイクダンスはそもそも相性が悪いのではないか。

 

ストリートカルチャーから発生した競技が共通して内包する反体制的な思想はオリンピックの理念とは程遠い。

 

スノーボードがオリンピック種目になった際にもある種の違和感がどうしても拭えなかった。

他の競技ではおよそ目にすることの無いタイプの選手達であり、ありていに言えばオリンピックっぽくないのだ。

案の定、服装問題から反省会見まで含めて炎上する羽目になった。

それは視聴者がオリンピックにふさわしくない服装・態度に抗議したことに端を発する。

2020年にはスケートボードが新種目として登場するが、プレイヤー層のことを考えると競技以外の場面についての批判が噴出する可能性は高い。

これはスノーボードスケートボードをしている人達を揶揄しているわけではなく、また良い悪いの話でもない。

ただオリンピックらしくないから、という理由だけだ。

お行儀良くしていなければすぐにバッシングの対象となる。

出場選手もオリンピックがどういうものなのかは当然理解しているはずだが、それでもあえてストリートカルチャー性を押し出してしまえば途端に集中砲火を浴びることになるという前例を作ってしまった。

 

オリンピックに出場する選手はオリンピックにふさわしい格式を持っていなければいけない、と視聴者は考えている。

 

オリンピックは、物心が付く前から厳しい練習を休むことなく長年継続してきたスポーツエリート達のための祭典であり、厳格なルールの下で執り行われることになる。

道で見かければ眉をひそめるようなタイプの人間が出てくれば、それだけでオリンピックの格式を下げるといった理由で抗議されることになるのだ。

 

オリンピックは全世界の老若男女、あらゆる人種の人間が視聴する世界的なイベントだ。

 

当然ストリートカルチャーの反骨的な姿勢を好ましく思っていない層もいる。

 

では、そうした中でブレイクダンスが種目になった時にどうなるか?

 

ゴリゴリのタトゥーだらけのbboyはどうするのか?モザイク?出場不可?

出場に際し服装の問題も出てくるだろう。ダサイパツパツのキラキラタイツでも着るのか?

髪型もさっぱり短髪で?

音楽にも制約が出る。不良が聞くような大衆が嫌う音楽はダメかもしれない。

DJはどうなるのか?不謹慎だと思われないだろうか。

競技形式はバトル形式なのか?show方式なのか?バトル中に不謹慎な態度は取ったら大変なことになるかもしれない。

チーム?ソロ?

ブレイクダンスが種目になるなら、他のストリートダンスのジャンル、あるいはバレエ・ジャズ等の方が先に採択されるはずでは?

フィギュアスケートと親和性の高く格式・歴史のあるバレエが、ダンスというカテゴリーにおいてオリンピック種目になるのが先ではないか?

 

などなど疑問が絶えない。

 

そして最大の問題点として、競技の数値化が非常に困難であることが挙げられる。

 

オリンピックがスポーツの祭典であり、スポーツというカテゴリーである以上はっきりとわかる形で優劣を付ける必要がある。

まぁそもそもブレイクダンスはスポーツじゃないから、、、と言うとじゃあ話は終わりじゃん!という身も蓋も無いことになるのだが、あえて続けるとして、、、

 

たとえばR16では採点方式を採用しており、ファンデーション・オリジナリティ・ダイナミック・正確性・戦略という5項目から成っている。

ジャッジによるバイアスを排除するための試みである。(と自分は理解している。)

ただこうなるとスタイラーやパワームーバーは途中で必ず負けることになってしまう。

オールラウンダーとパワームーブやスキルをまったくしないフットワーク主体のbboyが

バトルをした時に、全体の流れで後者が勝っていると判断しても結果的に前者が得点を取りやすいシステムのため、矛盾した結果が出る可能性がある。

素人目線で考えれば得点で勝っているんだからそれでいいんじゃないの?となるが、bboyの現場では得点だけでは推し量れないものがあり、それはダンスに共通したメリットでもありデメリットでもある。

フレイヴァーやキャラクター、エッセンス、遊びの部分をどう解釈したら良いのか、という問題もあり、また異なる意味でのバイアスが発生する可能性がある。

 

また、仮にオリンピック種目にするならば上記の採点5項目では曖昧すぎる。

ファンデーションはどの技を意味するのか、試技中に何回行うのか、技ごとの点数設定はどうなるのか。

オリジナリティは、何をもってオリジナリティと判断するのか、オリジナリティの判断基準の明確化、ジャッジが知らないだけで実はバイトの場合はどうしたらいいのか。

ダイナミックの基準も曖昧だ。

正確性や戦略は比較的競技に馴染むので特段記すことは無いが、、、。

 

こうした数値化を困難にしているのがbboyの特殊性にあると考えられる。

 

たとえば lil Gとcheeritoのバトルを素人が見た時に、果たして同じジャンルのバトルだと理解できるだろうか。

二人とも世界的なbboyであるがスタイルがかけ離れすぎているため、素人目から勝敗の付け方が非常にわかりづらい可能性が高い。

 

例えばマラソンや100m、水泳やハンマー投げなど記録を争う競技は記録が良い者が勝つ。

サッカーやバトミントン、野球などの球技は相手より点を取った者が勝つ。

 

ブレイクダンスはエアーを相手より飛べば勝てるわけでも無く、相手の隙を突いて点を奪うような競技性も無く(厳密に言えば戦略、バトルコミュニケーションとしては存在するが)、ひたすらにジャッジの主観に委ねられることになる。

 

そして他ジャンルと比べてもスタイルの幅が広すぎるために、もはや異種格闘技戦の様相を呈していることがジャッジ、数値化の壁として立ちはだかっているのである。

 

オリンピック種目になってしまえば、点数の取りやすいスタイルしかしなくなるため、オリンピックにありがちな無味乾燥な演技をするbboyが量産されることになる。

 

ブレイクダンスをオリンピック種目にしたいと言っている人達は、もしそれが達成された時にはオリンピックにしたいと思っていたエキサイティングでクールなそれとは異なるものを見せられる可能性が高いことを十分に覚悟しておいた方がいいかもしれない。

ブレイクダンスの市場規模は?

タイトルの通り、ブレイクダンスの市場規模は果たしてどんなもんなのか?

 

ダンスと親和性が高いと思われるフィットネス市場は4000億円規模でフィットネス用品は155億3000万。

30代以上の利用者が8割を占め、老若男女に広く門戸を開放している業界のため、過酷を極めるブレイクダンスとは相反すると言っても過言ではないほど異なる畑なのでほとんど参考にはならないがまぁ一応、、、

 

メジャースポーツのサッカーと野球はどうかと言うと

 

Jリーグの市場規模が937億円で、サッカー・フットサル用品が623億2000万。

プロ野球が1400億円で、野球・ソフトボール用品が714億9000万。

 

他にも附随するものはあるが、まぁざっくりこんな感じ。

 

そしてゴルフに至っては1兆4000億円の市場規模。

アメリカツアーの全試合の賞金総額平均は 680万ドルを超える水準で、大会によっては賞金総額が1000万ドル(約10億円)を超えるものもあり、優勝者は2億近くを得ることができる。

日本オープンゴルフでも優勝者には4000万が贈られる。

 

ちなみにブレイクダンスの大会でさらっと検索してみた感じ、、、

 

World Bboy Classic2014優勝者に約80万

BOTY 2011年で約36万

R16ソロは30万、チームは150万

DANCE@LIVEが100万

 

個人でもらえる額が高いDANCE@LIVEと比較しても、ゴルフとの優勝賞金の差は約200倍。

本当に単純にですがそのまま比率を当てはめると、ブレイクダンスの市場規模はゴルフの市場規模である1兆4000億円の200分の1で70億円。

確実にこの額よりさらに低いとは思いますが、、、。

 

さて、なんでこんなことを言うかというと、今回ISSEIがBC ONE王者という歴史的な偉業を達成したにも関わらず扱いが小さい!というネットの声があり、それに附随してなぜかゴルフの話題が出ていました。

ISSEIのような本物は中途半端な扱いなのに、とあるプロゴルファーは金もがぽがぽもらってる上にメディアにも頻繁に取り上げられて納得がいかない。ブレイクダンスは難しいから認知されづらいんだ、というような論調でした。

 

それはちょっと待てよ、と。

 

ISSEIは確かに本物です。でもそのプロゴルファーが本物では無い根拠は一体なんなのか?

人間というのはエゴの塊なわけで自然と自分上げ、他人下げをしてしまいがちな生き物ではあるんですが、ここまで偏った意見を全世界に向けて発信するのはどうかなと。

根拠の無い偏見に満ちたバイアスから繰り出される思考停止ディスは巡り巡ってBBOYINGそのものの価値を落としかねませんし、ゴルファーの方が見たならば、BBOYという人種は全員こんなおかしなことを考えているのか?と思われかねません。

 

まず、ゴルフのプロテストの合格率は5~9%であり、そこからさらに賞金を獲得していくことを考えると並大抵のことではないと容易に想像できるかと思います。

プロゴルフ協会の会員は5000人以上おり、2014年に1億以上稼いだのは3人しかいません。1億以上のビッグマネーを手にすることができるのはプロゴルファーの1%以下です。それでもそもそもビッグマネーを得るチャンスすら無いBBOYからすると夢のような話ではありますが、、、。

いずれにしても今回のISSEIのように幾度もの過酷な戦いを勝ち抜くことを本物とするならば間違い無く彼も本物と言えるでしょう。

また先にも挙げた1兆4000億円の巨大な市場規模を有し、減少しているとはいえ700万以上のプレイ人口を抱えているわけですから、ビジネスとしてゴルフには名だたる大企業がスポンサーとして名を連ねています。

市場規模に比例した賞金体系になるわけですから勝つことのできるゴルファーが大金を手にすることはごく自然なことだと言えます。

そして、メディアも掲載・放映する枠には限りがあり、枠を取るかどうかは当然人口に比例します。情報を求めている人数が多いものに多く枠を割くのは当たり前で、またそれがいかに困難であるか、ということの指標でもあるからです。

そうなるとプレイ人口の多いゴルフの扱いは当然大きくなります。

 

さて、

俺がやっているブレイクダンスは難しくて凄いけど、俺がまったく興味の無いゴルフではよくわからん奴が大して凄くもないことをしてるだけなのに大金ももらえてチヤホヤされておかしい!

という考え方は実はそのままブーメランなわけで、一般社会のBBOYへの認識そのままだったりします。

興味がないからどうでもいいってやつですね。

BBOYは大金をもらっているわけでもチヤホヤされるわけでもないので妬みの対象にもならず本当に完全スルーです。

 

基本的に一般人はブレイクダンスにまったく興味がありません。

興味が無いのでBC ONEを見ようとも思いませんし、誰が出場しているかも知りませんし、日本人が出場していることも知りませんし、そもそもBC ONE自体も知りませんから別に誰が優勝しようがどうでもいいので、特段メディアで扱ってほしいとも思っていません。

これが野球、サッカー、ゴルフ、テニスなどになると情報を求めている人が多いので、訴求力を高めるためにメディアは当然大きく枠を取ります。

至極当たり前の話で疑問を差し挟む余地がありません。

 

しかし、こうした誤解・偏見から始まる話も裏を返すと、じゃあなぜゴルフはここまで市場規模が大きくて人口も多いのか?という発展性を帯びてきます。

ゴルフが隆盛に至った要素、そして大きな経済規模を築いたビジネスモデルからブレイクダンスが爆発的に普及するためのヒントがあるかもしれませんね。

 

red bull bc one 2016についての雑感

今年のbc oneは日本人初の覇者が誕生したことで、japan bboyはかなりテンションが上がったんじゃないでしょうか。

 

決勝は正直どちらが勝ってもおかしくない状況で、hong10が若干優勢のようにも見えましたが、もうあの極限のレベルまでいくとジャッジのさじ加減次第という感じで、ラストのジャッジまで含めてどうなるかわからないギリギリの展開もあり、見ごたえのある決勝戦だったと思います。

歴代bc one王者達を破竹の勢いで破り、名実共に王座に登りつめたisseiの怪物ぶりもさることながら、長いキャリアの中で常に最前線をキープしているhong10の異様さはさながらbc oneの門番のようで、構図的にもドラマチックなものがありました。

 

個人的にはneguinが微妙な感じになってたのが残念でしたね、、、

今でももちろん凄いんですが、全盛期があまりにも凄すぎたせいかギャップを感じました、、、

 

そして、やはり今回話題となったのはtaisukeの勇退でしょうか。

計7回、bc one本選に日本代表として最多出場し、全世界のbboyからいつ王座に座ってもおかしくないと期待されながらのbc one卒業については惜しまれる声が多々あるかと思います。

日本人で頂に最も近かった唯一のbboyであり、bc oneにおける無冠の王者として、その強烈な存在感はこれからも長く記憶されることでしょう。

また、日本開催、isseiによる日本人初優勝、そして後進に道を譲るためのtaisukeのラストbc one宣言、結果論ではありますが一連の全ての出来事が意味を持ち、時代の転換点としてマークされたことも非常に印象的かと思います。

 

ただ、今でも多くのjapan bboyはtaisukeがbc oneチャンピオンになることを切望しており、前言撤回しbc oneに挑むサプライズを期待してしまいますね。