bboy界あるある~流行りに乗った時点で終わる~

流行りに乗った時点で終わる。

 

もう少し詳しく言うならば、流行りに乗った時点で成長が止まる、ということである。

 

各年代のbboyを見るとその年代ごとに流行した、いわゆる一世を風靡したbboyのシグネーチャームーブを得意とする傾向を見ることができる。

 

大衆は流行に逆らうことができない。

 

大衆は常に愚かである。

 

容易に扇動可能なことはbboy界も例外ではない。

 

オリジナルが流行れば体裁もcoolさもドブに捨てオリジナルを追及し

 

ヘッドスピンが流行ればとにかくヘッドスピン

 

アチェアが流行ればとにかくエアチェ

 

ZULUスタイルが流行ればとにかくZULU

 

軟体が流行ればとにかく軟体

 

スレッドが流行ればとにかくスレッド

 

さらに事態を重くしているのが、いくら流行と言えども人間の体はそんなに早く適応することができず、それ相応の対価を支払う必要があること。

また、固定観念の塊であり、脱皮するために喜捨をすることが非常に困難であることが挙げられる。

つまりその時代に評価されやすいムーブを会得するために時間をかけて自分の動き(単なる流行り、バイト、パクリではあるのだが)に組み込んだはいいが、賞味期限のサイクルが短くなっている以上すぐに腐り、腐っていることを自覚しながらも注ぎこんだ時間を考慮すると手放すことができないジレンマに縛られた時点で bboyとしては死んだ、と言って差支え無いかもしれない。

いわゆる損切りができない、ということだ。

長期保有し愛着が湧いているが故に暴落し続けてもそれから逃れることができなくなる。

浮かぶ目が無いにも関わらず。

 

時代を彩ってきた様々なムーブは必ず基礎に収斂する。

 

その時代には超人的と思われた動きも、数年もすればキッズ達が基礎としていとも容易くこなしてしまう時代だ。

 

次から次へと課題を投げかけてくるbboyムーブメントへの最適解は、自らが新たなムーブメントを起こすことである。

しかしこれは一握りの天才だけが成しえる偉業であり、凡人には不可能だ。

それならば、ニュームーブに臆せず常に挑戦し続けることだ。

 

bboyの99%は謙虚さに尽きる。

 

常に自分は初心者である、という意識である。

 

年数を重ねると驕り高ぶり、賞味期限が切れ腐臭を放つムーブに固執してしまう。

 

常に自分は学習者であることを自覚していれば一生bboyingを体現し続けることができるかもしれない。

bboyによる大量生産・大量消費・大量放棄と過去

現代はすべてにおいて大量生産・大量消費・大量放棄の時代です。

 

bboy界においてはこれがインターネット、ひいてはyoutubeの隆盛とともに発生しました。

 

もはや人が一生をかけても見きれない位にbboyingの映像や知識が溢れています。

 

ダビングのしすぎで、もはやスローで見ても何をしているかよくわからない映像を見ていたり、そもそも映像資料を得ることができずにテレビの断片的な動きだけが指針だった世代からすると夢のような時代です。

 

行きづらくてしょうがなかったアングラ感漂うダンススクールも、今はとてもオープンで数にしても検索するとアレコレと出てきます。

 

イベントの数もbboyの数も飛躍的に伸びました。

 

その分だけ1つ1つの印象が薄まるのは当然のことなわけで。

 

世界一があちこちにありイベントの権威は相対的に落ちざるをえません。

 

もてはやされていたものが廃れるペースや飽きられるペースが明らかに速度を増しています。

 

まだそんなことやってるの?と。

 

でもそんなこと言ったって身体能力はそんなに速く成長しないし、新しい技だって思いつかないし、無茶なこと言うなよ!ってところです。

 

このへんで諸々の諸事情込みで前時代のbboy達は淘汰されていきます。

 

アップデートしなければいけない期間、賞味期限のデッドラインが明らかに短く前時代のbboyでは間に合いません。

 

イベントが少なくて嘆いていた時代がまるで嘘のように石を投げればイベントに当たるような時代です。

 

こうなると、bboyの命題でもある「フレッシュ」が頭をもたげてきます。

 

イベントの度に観衆はフレッシュを求めてきますし、飽食状態と相まりその切迫感たるや。

 

地方の一部やしょーもないイベントであればスピードやキレを増すでもなく開き直って毎回同じことだけやったりどこかからサクっとパクッてきたネタをお披露目すれば後輩や生徒からパチパチされてご満悦、良かったね、で話は終わるのですが前線に向かおうとしているbboyはそうもいきません。

 

常にオリジナルでフレッシュなムーブを構築することに追われています。

 

まぁある意味これだけムーブが溢れている時代ですから既存のものを掛け合わせるだけで新しいムーブを構築しやすいメリットはありますが、根本的に新しい原理のムーブを作るというのは非常に難しいものです。

 

結論としてはまとまりませんが、現代の大量生産・大量消費・大量放棄に対抗する術はありません。

 

過去に戻ることなどできません。

 

しかし、あえて1つ言及することがあるとするならば、レコードやCDが無い時代のダンサーは一体どうやって日々の練習をこなしていたのか、という疑問について考えてみると面白いかもしれません。

 

想像力を差し込む余地が無くなった現代において、想像力を膨らませる経験自体がインスピレーションの泉である可能性があります。

ベテランはすべからず老害と化す

人はいずれ老いる

 

そして老害と化す

 

身体的にも精神的にも

 

かつて存在した姥捨山がそれを象徴する

 

下の世代からすると鬱陶しくてしょうがなく

 

そのくせ利がない厄介な存在

 

しかし全員が全員老害になるわけではない

 

クリティカルな知識を有し、それを伝承する利あるベテランもいる

 

昔の方がかっこいいbboyが多かったやら特徴があるbboyが多かったやら昔はやばかったやらの話を悦に入ってご高説してしまうようなbboyは明らかに老害認定まっしぐらでありもはやフレッシュでもなくbboyとしては死んでいる。

 

こうした話はbboy界に限らず全てのベテランに言えることであり、もうこれは人間の精神構造上覆すことが非常に困難なことである。

 

人は真似ることでしか成長することができない。

 

そして真似るということは、対象に殊更のリスペクトや感動があったからである。

 

自らが嫌悪感を抱く行為を真似ることはほぼありえない。

 

つまり、自らがリスペクトし真似をしてきた行為は自分を構成するものであり、自分自身でもあり、アイデンティティそのものなのである。

 

当然、多かれ少なかれ人が持ちうる自尊心から自らのアイデンティティを貶めることなどしようはずもない。

 

自己の否定であるからであり、そんなことは容認できない。

 

だからこその懐古なのである。

 

懐古とはつまり保身であり、これこそが成長を鈍化させ停止させ、遂にはいつまで経っても同じようなことばかりするようなbboyを量産してしまう諸悪の根源でもある。

 

なぜか。

 

時代は進み、技術も進む。

 

身体能力だけではない革新的な動きも誕生する。

 

しかし旬の過ぎたbboyはそれすらもできなくなる。

 

人にはキャパがある。

 

自身を構成する要素のみで一杯一杯でもはや洪水のように押し寄せる技術を吸収する余白が無いのだ。

 

ある意味、種として固定化される現象が起きる。

 

始めて数年は流動的だったスタイルもいつしか「自己のスタイル」として確立してしまう。

 

つまり自分の得意なこと以外やらなくなってしまうのである。

 

ダンスにおいて自らのスタイルの構築は非常に重要ではあるが、その弊害として本来成しえたであろう多岐にわたる可能性を捨ててしまう自縄自縛の観念とも言える。

 

さて、ブルーオーシャンであったキッズ、ガールの領域は既にレッドオーシャンであることは以前に述べた。

 

そうなると残されている領域は1つである。

 

ベテラン、いやそれすらも越えたオールドマン達である。

 

bboy界においてベテランという言葉は称賛されるべきものではない。

 

もう身体が動かなくなってきてムーブも同じようなことしかしないんでしょ?という暗喩でもある。

 

そうした今までの既成概念を打ち破る、バトルで勝てる真にベテランと言われる領域こそがこれからの狙い目になるのではないだろうか。

 

正直な話、バトルで勝てもしないのにジャッジやレッスンばかりでふんぞり返ってても誰もリスペクトしない。

身体能力を軽視するbboyは軒並み淘汰される

そもそもが身体能力の高さを求められるジャンルであるbboyingではあるが、表舞台で勝つためにはさらなる身体能力の向上が求められるのが現状である。

 

一時期フレイヴァーやback to the basicの流れはあったものの、そうした思想も取り込みつつ歪みを正すかのように身体能力至上の本来的な姿に戻っている。

 

bboyには本来的には4つの要素がある。

 

toprock、footwork、powermove、freeze

 

今はシーンの成熟とともにknowledgeの要素も追加されているが、個人的にはskill、music、fravor、fashion、originalの要素も追加する必要があるのではないかと思っている。

 

いずれにしても基本の4原則すべてが高度な身体能力を求めるものばかりである。

 

さらにこれらを研鑽していかなければいけない。

 

現在は一部が突出していてもどうにもならず、言葉は悪いが自己満足に留まっていると考えて差支え無い。

日本人から新しいダンスジャンルが生まれないのはなぜか

ストリートダンスが誕生してからというもの、今現在日本発のジャンルというのは存在しない。

(筆者の不勉強なだけで誕生しているのかもしれないが聞いたことがないし、広がりを見せていることも認識はしていない。)

 

オールドスクール、ミドルスクール、ニュースクール。

 

オールドスクールに関してはただただ右へ倣えしていた時期であり、日本人がその生誕について関与する隙間は一切無かったと思われる。

 

ミドルスクール、ニュースクールに関しても輸入を待っていただけに留まり、その誕生に関与していたとは考えづらい。

 

今のところ日本は与えられた枠組みの中でいかに切磋琢磨するか、というステージにいる。

日本のダンススキルは非常に高い。

だが、これは常々言われることでありステレオタイプ的なため個人的には好まない考え方だが日本人は0から創造することが苦手であり、既存の技術を高めることに長けている、という観念にダンスジャンルすらも合致してしまっている。

 

なぜ日本から新しいストリートダンスのジャンルが誕生しないのか。

 

これは実は明白である。

 

ニュージャンルが発生するための条件を考えるとわかりやすい。

 

新しいジャンルの音楽の発生が必要不可欠だからだ。

 

新しいリズムはそれにふさわしい体の動かし方を自然発生的に付与する。

 

いや、俺はどんなリズムでも同じような動き方で踊れるよ、という方は価値の平行線を辿るだけで時間の浪費となりますのでもうこれ以上読まなくても結構です。

 

話を続けると、踊るにふさわしいリズムを備えた音楽ジャンルが先に産声をあげていなければならない、ということであり元をただすと日本発のダンスミュージックが存在していない、ということに他ならない。

 

無理矢理新しいダンスジャンルを生みだすことはできるかもしれない。

 

しかしそれにふさわしい音楽が無いならばそのダンスには何の意味もない。

 

それこそサイリウムダンスやオタ芸と言われる動きはニュージャンルではあるが、これはストリートダンスの流れを汲んでおらず、まったく別種のものでありこれをストリートダンスと容認することはできないし、その動きの特異性や文化的な発生要因からルーティン性に特化したものとして硬直化していく可能性が高い。 

 

ストリートダンスには拡張性と発展性が必要不可欠である。

 

そしてまたストリートダンスには拡張性と発展性が存在する。

 

それはすべてはリズムでありビートから来るものである。

 

オリジナルや個性を追求するとルーティン至上主義となりリズムやビートから乖離していくことは周知の事実ではあるが、これは「人と違うこと」に重点を置きすぎたが故の弊害であり、逆を返すと人と違うことをしなければいけないほどそのジャンルが成熟していることの証明に他ならない。

(だからと言ってリズムやビートが無視されるほどの動きが許容されるか、は別問題である。)

 

さて、日本でなぜ新しいダンスジャンルが誕生しないか、という話に戻る。

 

これは単純明快であり、日本のダンスミュージック界において世界初のニュージャンルが誕生する必要がある。

 

そうなると、先の日本人のステレオタイプの話に帰結し、結局は日本から新しいストリートダンスのジャンルが誕生する可能性は非常に低い、という結論に至ってしまう。

 

しかし、その音楽にマッチしている動きであれば良い、という観点から考えるならば既存の音楽ジャンルから新しいダンスジャンルが発生する可能性も考えられる、というところに日本初のダンスジャンル誕生の鍵があるのではないか。

 

またニュースクールの段階からストリートダンスは停止しており、あまりにも長いニュースクール期間を打ち破るような革命が起こることを期待している。

2極化甚だしいbboy界はフィジカル絶対主義に陥る

元来素人を寄せ付けない敷居の高さが売りのbboy界ではあったが、近年はそれに拍車がかかっているばかりか、そもそも既存のbboyすらをもはねつけるほどのインフレぶりを見せている。

 

もはや二択しかない。

 

パワームーバーになるか、オールマイティーになるか。

 

いずれも上層部に食い込むためには鬼神のごとき極致性に至らなければならない。

 

一昔前に論じられていたバイト問題についても、要はバイトできないようなレベルの高いことをしたらいいという結論通り、近年のハイパーインフレからか容易にバイトができなくなり、またバイトが完成した頃にはシーンの流行りやレベルがもう先にある、という状況でありバイトを率先してやるメリットが薄く、それであれば先を見据えたムーブ作りをした方が効率的である、という状況になっている。

まぁそこまで先進的な価値観を有しているのは極一部の話ではあるが。

 

一度はフィジカル性ばかりが前面に押し出されていたことを嫌っていたシーンは、今ここに至りやはりフィジカルが全てだと言わんばかりの現状である。

 

そしてそれはなんら間違っていない。

 

お前より俺の方がフレッシュで凄いことができる、ということがバトルの全てであるからだ。

 

歴史がどうとか、歴が長いからどうとか、知識がどうとかは極論を言うと一切関係ない。

 

かえってそれは新しい物を生みだす時に足枷になり、これはこうじゃないとダメ、という杓子定規さはいわゆる「頭が固い」老人と話してるような虚無を生みだしかねない。

 

しかし、柔軟な発想だけではだめだ。

 

柔軟さからもたらされるあらゆるインスピレーションを体現できる表現力、つまりは強靭なフィジカルが必要である。

 

どこまでも曲がる柔軟性、あらゆる体勢を保持できるバランス、信じられないような状況から押し上げる筋力。

 

終わりの見えないトレーニングが必須なのである。

 

実質的にプロとアマチュアの乖離が極大化していることは以前にも述べた。

 

つまり現在は、始めたての素人もトップ層に食い込むことのできない中間層もほぼいっしょくたの状況である。

 

またbboyingの性質上、ある程度歴を重ねた者でそこから飛躍的にレベルアップしたという者を今まで一人も見たことがない。

 

ある程度で落ち着いてしまい、レベルが固定化されるきらいがある。

 

これはもう致し方無いことである。

 

そもそもが見せることのできるレベルに至るまでに尋常ではない鍛錬を必要とするわけで、ある程度の立ち位置を確保してしまうとそこで満足してしまい、それ以降も血ヘドを吐くようなトレーニングなど人間の精神構造上できるはずもない。

 

そうなると今後頭角を現す新星達と、既存のbboyには甚大ならざる差が生まれることは自明の理である。

 

スタート地点で越えるべきハードルの高さがまったく異なるのであるから、全てが違うためだ。

 

音楽性やダンスの側面はどうとでもなるが、フィジカルについてだけは初期の段階で高めておかないとどうにもならず詰むことが多いため、シーンが求めるフィジカルの会得は絶対である。

中途半端な奴ほど教えたがるし喋りたがる

そのままですね。

 

中途半端な奴ほど教えたがりや喋りたがりが多いです。

 

いや、教えたがり・喋りたがりだから中途半端になるのか。

 

これは卵が先か鶏が先かの話にも通ずるところがありますね。

 

これはどの世界にも共通することで、教えたり喋ってる時間があるなら自己研鑽に時間を使えよ、と。

 

自己研鑽に集中し上を目指している人間は吸収しそれを研ぎ澄ますことしか考えていません。

 

物知り顔で人に教えを説いたり、お喋りに夢中なBBOYはほぼ停滞・下降している落ち目BBOYと考えて間違いありません。