世界を獲ろうが何も変わらないかもしれない

ニッチなジャンルにおいては世界一になったところでその苦境というのは改善されない可能性が高いと考えられます。

 

メジャーなジャンルにおいて世界クラスになれば引退後も庶民以上の収入により優雅安泰な生活を送れる可能性が高いです。

 

しかし、マイナージャンルにおいては現役中、引退後においても常に背水の陣を敷かれることになるやもしれません。

 

とにかく経済還流性が弱いことに尽きるでしょう。

 

ほぼ資産性皆無の若年層がメインだからというのもあるでしょうが、金を使う層にウケない、ということもまた一因かもしれません。

 

一般層からするとまだまだbboyはサーカスと同じように一過性の刺激を得るためだけのコンテンツに過ぎません。

 

いやいやちゃうがな!と言って詳細を説明しようとしても、別に相手はそんなことは望んでいません。

bboyのヒストリーや知識を求めているのはbboyだけですからここは勘違いしないようにしたいところです。

 

ここまで特段経済的な隆盛を見ないあたり、どこかで構造改革を行わないといつまでたっても現状に甘んじることになるでしょう。

 

金を使う層に響くような施策を打たなければいけません。

 

わかりやすい形で言えばプロリーグのような形は必要でしょう。

 

日本におけるプロ野球選手は840名、プロサッカー選手は約1000人ほどのようですがプロのbboyとなると一体誰?となりはしないでしょうか。

 

一番に浮かぶのがtaisukeではありますが一般的な認知度は低く、また登録等どうなっているのかいまいちイメージしづらくプロなのかアマチュアなのかよくわからないのが現状です。

 

また、肝要となるのがスポンサー企業でしょうか。

 

活動が高度になればなるほど拡大すればするほど莫大な資金が必要となります。

 

ある一定の規模を越えると企業からの資金援助無しには活動することができなくなります。

 

企業が望みうるターゲット層に響かない、あるいは採算が採れない人口規模では広告効果も低く費用対効果の観点から門前払いです。

 

大金をかけた計画的な仕込みから大々的に売りださないことには bboyの経済的発展性は望めないのかもしれません。

BBOY活動における支出額

例の如くざっくりいきます。

 

毎月イベントに2回参加・エントリー料金を2000円と仮定すると

 

4000×12=48000

 

交通費を2000円として

 

2000×24=48000

 

週末に開催されることがほとんどなため飲食等の付き合いで6000円

 

6000×24=144000

 

スニーカー・ギア等の被服費として月に10000円

 

10000×12=120000

 

練習場所で料金がかかるようであれば300円ほどとして、週3日の練習だとしても年間で12×12=144回、すべて有料施設を使用することはないと思いますのでその半分として72回、72×300=21600円

そして練習場所までの交通費を700円ほどとしましょう。

144×700=100800円

 

ここまでで482400円、50万近くになります。

 

その他肉体を酷使しておりケアの重要性に気が付いている方は、整体、整骨、病院、サプリ、トレーニング等においての支出もあるかと思います。

 

学生bboyについては親からの金銭的援助がないとなかなか難しいところかもしれません。

また、bboy界のボリューム層だと考えられる単身勤労者の20代について、20代前半の平均年収は248万円、20代後半は344万円であり、税金や社会保険料を引いた手取り分は平均年収の2割マイナス、すなわち20代前半で198万円、20代後半で275万円程度なため、20代前半で手取りの約25%、20代後半で約19%を使用していることになります。

ちなみに、総務省の家計調査報告から35歳未満の単身世帯の家計支出の月平均額が155808円のため、年間の平均額が1869696円となります。

娯楽、交通、食料、被服等重複する項目の比率での比較が必要ではありますが、まぁ多少力を入れてる趣味であればどれも似たようなもんと言えるので特筆することはありません。

 

問題になるのは非正規雇用bboyなのかなと。

テレアポ等で食いつないでいる非正規雇用、インストラクターにおける個人事業主扱いの場合一体どうやって生活しているんだろうという素朴な疑問が湧いてきたりこなかったり。

平均年収を取れている正規雇用の方は時間がないためbboy活動がトーンダウンしていることが多く支出も下がりがちで、翻って非正規で時間がありモチベーションの高いbboyほど収入が低いにも関わらず支出の割合が高まり逼迫する傾向にあると考えられるため、生活に支障をきたす、あるいは生活水準が低いのではないかという想定、および実際のイメージがあります。

 

イベントにおける賞金等は雀の涙でありほとんど当てになりませんし、かと言って時間があれば練習をしなければいけませんので収入増も望めません。

収入は時間との等価交換であり、bboyはここに注力することができません。

類稀な特殊能力があれば時間対効果を最大にして労働力を最小化することができるかもしれませんが薄給モチベ高bboyには難しいでしょう。

 

上手くなりたい→沢山練習する→勉強就職仕事ほっぽらかし→低賃金低待遇→生活基盤脆弱→やっぱ仕事ちゃんとしねーとな、、からのフェードアウトor高みを目指したいからループ

 

大多数にとって一過性の遊びで終わってしまう要因が、bboyingの時間対効果の低さと評価基準にあると言っても過言ではないでしょう。

とにかく習得に時間がかかる!

簡単な動きですら慣れないと時間がかかる。

難しい動きならなおかかる。

それをさらにクリーンな状態にもっていくという荒行が待っている。

そしてオーディエンスの目は年々厳しくなっている。

みな好きで始めているため大なり小なりプライドを持っているため恥はかきたくない。

全然練習してないんだろーなーって雑なクオリティのbboyもいますが大して時間取っていないか何も考えてないんだろーなってくらいの印象で評価は低くなりますからそれは避けたいわけです。

クールなスタイルに憧れて好きで始めたわけですから当然評価され脚光を浴びたいに決まっています。

 

上手くなるほど、あるいは上手くなくてもシーンに没入すればするほど貧困になる可能性が高いのではないか、というテーマでした。

何歳からブレイクダンスを始めたら超人になれるのか?

taisuke、isseiといった日本を代表するレジェンドがダンスを始めた年齢が7歳。

 

今後さらなる過当競争を考えると1歳から始めている層が存在してもおかしくはなく、当然いるだろうということは想像に難くありません。

 

こうなるともう環境依存になってくるわけで。

 

親がbboy、かつ子供にもbboyingをさせる気満々、という環境がベストですね。

 

親族クラスだとちょっと弱いですね。

 

教育はもう言ってしまえばイコール金です。

 

特異な例外を除外したとしても金がなければどうにもなりません。

 

命に等しい金を注げるのは親や祖父母のみです。

 

ダンスに理解を示し、また支援に情熱を持っている親ならばダンスの練習のために家屋、あるいは別条件においても最適なスペースを用意してくれます。

 

体操界のレジェンドである内村選手はそもそも親が体操教室をしているという環境であることからも早期教育・環境整備の重要性が伺われます。

 

人間の体は突然変異的に能力や技術が向上することはありません。

 

長時間の弛まぬ努力によってのみ研ぎ澄まされていきます。

 

もうこれは当たり前の話で長くやってる奴が強い、というシンプルな話です。

 

能力=時間という図式はシンプルにして至高、結果は抜きにしても時間を費やした努力は必ず能力として反映されます。

 

まぁチンタラやって時間を浪費しているような場合は除外ですけど。

 

こうした先行者利益を享受できない後発組はどうしたらいいかというと、もう密度を圧倒的に高めるしかないわけですね。

 

ただその弊害として人体には限界があります。

 

普通にやってれば限界を超えると壊れます。

 

特にケアについては圧倒的に疎かな面が見られるジャンルですから、今後トップアスリートとしてどういった方向に進むのか。

レジェンドやベテランはすべからく淘汰される

ムーブのみに囚われているレジェンドやベテランは今後さらなる淘汰圧によりその存在意義を失うことになるのは必定だと考えています。

 

身体能力では勝てない。

 

イマジネーションでも勝てない。

 

そんな状況で知識を披露したところで鬱陶しがられるだけ。

 

そうなると体現できるのが長年培った音楽の部分だけとなります。

 

ダンスを続けていく上で青天井で成長するのは「音楽」の部分に他なりません。

 

どんなに体が衰えようとも今まで聞いてきた音楽の数、また刻んだビートは蓄積され失うことはありません。

 

つまりこの時点で生粋のパワームーバ—やネタ師、ルーティン型の方は引退を余儀なくされることになります。

 

サーカスだと揶揄される時代もあった中でここまで生き残り進化を続けているジャンルではありますが、やはり音楽を体現するには限界がありムーブ先行型であることは否めません。

これをもってダンスではないと断じるつもりはありませんし、bboyのパワームーブはbboyingの中でしか表現できない独特のジャンルであり、当然ダンスの枠組みに収まるものであると確信しています。

しかし身体能力の衰え、難度の底上げがなされる中で没落していくことは必定です。

 

ネタ師やルーティン型の方についても同様のことが言えるかと思います。

本来的にムーブありきのスタイルであることに加え、身体能力に頼ったネタが跋扈していく中では鮮度の維持やフレッシュムーブを生みだすことは容易ではありません。

ルーティンに頼りっぱなしの場合も同様で、難度を保ったまま常にフレッシュでい続けることは非常に困難です。

ごく一部の天才を除外してここらも淘汰されます。

 

bboyはとかく自分がやりづらい動きを敬遠する傾向が強く、特にダンス・音楽的な部分がウィークポイントとして挙げられます。

これはもう当然の話で、一通りダンスのジャンルを見た中でインパクト重視のジャンルであるbboyingを選択してるわけですからそうした指向性があることは否定しようがありません。

ダンスジャンルの中でも特に視覚>聴覚タイプが集まりやすい傾向にあります。

 

また、ガリガリ君がヒットしたからずっとそれでやっていこう!というような硬直思考型も多数で、大ヒットで長年価値を維持できることは非常に稀であるにも関わらず成功体験から逃れることができません。

 

アチェア、ヘッドスピン、縦、エアー

 

いずれにしてもバリエーションが必要でバリエーションが尽きた時に賞味期限も切れるため、新たな選択と投資を行う必要があるわけですが、愛着があるが故に壊れてしまった玩具と言えども容易に手放すことができないジレンマに縛られることとなります。

覆水盆に返らず。

安定期の内に変革を行わない者は淘汰されるという自然の掟に従わない者は凋落するのみ、というところですがまだまだbboy界は優しいもので、まーた代わり映えしないことしてるけどまぁこの人はこうだしな、と内心ディスられるくらいで終わります。

 

繰り返しになりますが体は衰え、ニュームーブを生みだす気力も萎え、頭でっかちになって昭和のお菓子いかが?といった層に転落する憂き目にあうくらいならば、まだ音楽や自己のこだわりの追及・進化に目を向けた方が長く薄く価値の保存ができるのでは。

 

bboy界のインフレぶりがリアルドラゴンボールになっている現状、追随できなければそれだけで価値の毀損に繋がるシビアさ故、どう自己の価値を保つかが喫緊の命題ではないか。

 

要はリスペクトされたければ「今のままじゃだめ」という意識を常に持ち続けなければならない、ということですね。

bboyはyoutubeで生活することが可能か?

体感的なもので特に詳細な調査はしていません!

 

ざっくり!

 

現在「bboy」で検索した場合に最も再生回数が多い動画が

Massive Monkees vs Jinjo Crew | R16 BBOY Battle 2012 | YAK FILMS

となっています。

 

どちらもレジェンド級のクルーですのでさもありなんと言われればそうなんですが、bboyガチ勢からするといささか納得いかないものではないでしょうか。

 

もっとエキサイティングな動画があるんだけどな、、、

 

といったところかと思います。

 

再生回数一位は、さすがに一般層が見ていないことにはなかなか達成しづらい数字であり、この時点で一般層との乖離は否定しようがありません。

 

アップロード時点で2012年でありjinjoはともかくmassiveに関しては既に最前線ではちょっときついんじゃないかな、という時期でもあります。

 

また韓国とアメリカのクルーであり、日本の一般層はほとんど見ていないんじゃないか疑惑まであり、仮に見ていたとしても再生回数一位だということで見たパターンがほとんじゃないでしょうか。

 

だってそうでしょう。

 

ブレイクダンスを知らない人にjinjoやmassiveと聞いてレスポンスが返ってくることなどほぼありませんから、、、。

 

さて、次に個人で最も有名なbboyは誰かと言うことをyoutubeの再生回数から紐解いていきます。

 

bboy junior

 

これはもう圧倒的ですね。

 

名前を知らなくてもこの異次元のレジェンドを知っている人は実は多かったりします。

 

ただ、その特異なスタイルや彼が持っている身体的な部分にフューチャーされている感が強く、純粋にbboyとはなんぞや?という本質に言及するにはいささか難しいものがあります。

 

ブレイクダンスの完成形はjuniorなんだ!と思っている層がいてもおかしくありません。

 

彼は本当にレジェンドとしてリスペクトすべき存在ではありますが、bboy界においてはチート系に属し、オールラウンダーとしてbboyの本質を伝える存在にはなりえない、というのが正直なところかと思います。

 

bboy界においては下半身に障害を抱えている場合、マーシャルやエアタートル等の横系グラウンドスキルやストロングに特化することが多く、その多くはまさに人間離れした超人的なものとしてオーバーキリング状態です。

 

これはいわゆる選択と集中の極端な例とも言えます。

 

通常であれば無限にある選択肢から取捨選択をしなければいけない局面において、彼らは限定的な選択肢により価値の極大化に成功しているわけです。

 

日常生活からストロングスタイルであるため日々生活しているだけでトレーニングとなっているわけです。

 

健常者がこれに勝とうとするとさらなるハードワークに励む必要があります。

 

今後、障害を持ったbboyを凌駕するようなストロングスタイルを披露するbboyが登場するのではと密かに期待しており、そうなればとんでもない偉業を達成することになります。

 

また、上肢等に障害を抱えているbboyを見たことがありませんので、下半身に障害があるbboyだけが突出した存在である現在において、そうしたbboyの登場が裾野の広がりに貢献するのではという期待もしています。

結局は上半身への依存度が高い競技の特性上難しいところではありますが、、、

 

とまぁ話が脱線しましたが、bboy動画のほとんどは個人で出てくることがなくバトル動画であったりまとめ動画的なものがほとんどです。

 

bboy個人がyoutube starになるということは現段階において非常に難しく、プレイヤーではなくまとめやイベンターによる動画制作側が利する段階にあるかと思います。

 

ということは逆に考えるととにかく形は問わないからbboy、ダンスで食べていきたいと考えている場合、こうした動画制作にシフトチェンジするのもありなのかも、と思わされたりもします。

 

この場合も市場調査は必須であり、とにかくイベント全部撮影だ!という話にはならず、ピンポイントで視聴欲求を促すようなものでなくてはなりません。

 

身近なイベントを全部アップしていても、一般層はそうしたものには興味がなく、当事者たちへのボランティアになり下がりかねません。

数打ちゃ当たる精神ですと徒労感が半端ないと思います。

 

人間はとかく、あまり関わりの無いジャンルにおいては最高のものを求めがちです。

 

当然ですね。

 

1位であるものが最大の価値を有しているからであり、時間が限られている現代人からすればさして興味のあるわけでもないジャンルへの時間対効果を考えればこれ以外の選択肢はありません。

 

最高のものを見ておくことで基準が定まり、そのジャンルの潮流をある程度理解したような気持ちになれます。

 

指で気軽にポチポチしてあくびをしながら見ているようなテレビの中の芸能人たちも選りすぐりの精鋭達です。

 

ネットでもポチポチしていれば簡単に世界最高峰を味わうことができます。

 

現代はとにかく簡単に努力の結晶に触れることができます。

 

果たして、そこまで努力し選ばれし人間となることができるか?

 

選民となったところでそれが直接収入に直結するのか?

 

そういった意味でサイドロー的な戦法のみでしか戦えないのが現状かと思われます。

 

 

なぜbboy畑からトップクラスの芸能人は生まれないのか

bboy畑からの芸能人で、bboyを売りにしている(いた?)芸能人で真っ先に思いつくのはナインティナインの岡村氏であろう。

 

他には俳優の佐藤健氏、ガレッジセールのゴリ氏やAV男優のしみけん氏が挙げられるが現在も継続してbboyとして活動している一線級の芸能人は存在せず、また挙げさせていただいた方々がbboyである、ということを知る世代も時が経つにつれ徐々に減っているのが現状であり隔世の感を禁じ得ない。

 

気が付かれている方も多いとは思うが、上記の方々はいずれも本業がある上でbboyもできる、あるいはできた、ということであり、本業がbboyであるわけではない。

 

そうなると、bboyを本業としつつ芸能活動を成功させている者というのは今までいない、ということになる。

 

混じりっけ無しのbboyingのみのグループというのも現時点では聞いたことがない。

 

パニクルーやRABも厳密にはbboyingのみではないため条件には当てはまらず一過性の感が強すぎた。 

 

bboyに限らず、ニッチな分野はことごとく一発芸としてコーナーの1枠を埋めるための存在に過ぎないと認知されている。

 

bboyにまだ救いがあるのは音楽性を有している点であろうか。

 

音楽性から乖離していればいるほどニッチ濃度が高まり市場から相手にされなくなる。

 

芸能活動の方がまだ目があるような気もするが、今のところはスポーツとしての分野開拓に注力しているのが現状なのか、あるいは芸能活動自体が歴史的に否定され続けてきたからこそのスポーツ路線なのか。

 

実は現在はbboyにとって非常にセンシティブな状況なのかもしれない。

 

社会的なカテゴライズが曖昧すぎるのである。

 

スポーツとしてオリンピックの方に向かえばbboyの本質を損なうのではないか、そもそもスポーツなのか、という危惧と疑問。

芸能活動においてはジャンル、ファン層や肉体的に恒常的に活動し続けることが困難であること。

そして、日常においては道でたむろしているようにしか見えない底辺チックな雰囲気。

 

HIPHOPとして包括的にジャンルレスに活動できる時代ではなく、ラップはラップ、DJはDJ、bboyはbboy、といった塩梅であり、これは衰退ではなくある種シーンの成熟によるものではあるのだが、hiphop、bboyとしての本質を維持したままで活路を見出すとするならばやはり総合的なhiphopとしての見せ方になっていくのか、というところではあるのだが、そうなるとやはりラップに喰われることになり、bboyとしてのアイデンティティを芸能的に確立できず終わってしまうことになる。

 

また、そもそもが曲のbreaktimeで踊り始めたことに端を発しバトルという文化があるジャンルなだけにあまり長い時間踊ることを良しとされず、感覚的にも瞬間のアートの向きが強いと考えている。

世界的なbboyブームを巻き起こしたフラッシュダンスの一幕ではあるが、あのシーン自体も1分ほどの極短い時間であり、クレイジーレッグス等bboy各々のムーブ自体はそれぞれ10秒にも満たない。

にも関わらず、世界中に衝撃を与えることに成功したのである。

この一点においてbboyに瞬間の美学が根付いたことには異論はないだろう。

また肉体的にも無理があり、現代の高難度で長時間踊れるのはワールドクラスの化物だけである。

状況次第ではあるが、長く踊ることを蛇足とみなし、またそもそも長く踊れない、という点においてちょうどうまく天秤が釣り合っている、とも捉えることができる。

bboyは退屈な引き伸ばしより一瞬のフレッシュを求めている。

 

しかし、こうした点が商業的にパッケージングすることの足枷となっている。

ある程度の時間を価値として提供しなければならないなかで、長時間踊れない、bboyにしかわからないつまらないルーティン、よくわからない音楽、似たようなフロアームーブ、何回も見ていると飽きがくるパワームーブ、等々、、、

 

とりとめもなくなってきたのでひとまずこのへんで。

実力主義が故に金や地位がチラつくとすぐにプライドを捨ててしまう現実

BBOY界に限らずですが世の中は弱肉強食の実力主義です。

 

基本的に弱者は相手にされません。

 

「弱者」という看板を利用して金を巻き上げてくる連中もいますが、そういった類の方々は本質的には弱者ではなく、相手が心理的に抵抗できないよう「弱者」という権威を笠に着て恫喝しているのとなんら変わりはなく、強者そのものです。

肉体的に屈服させるか、精神的に屈服させるか、の違いしかありません。

 

まぁそれは置いといて

 

下手なBBOYはまったく相手にされません。

 

嘲笑の的であり完全に舐められ、空気のごとく無視されます。

 

そりゃそうです。

 

上手いBBOYからすると下手なBBOYと関わるメリットなぞまったくありませんし、そもそもバトル文化といういかに他者より優れているか、黒か白か、という世界ですから上手ければなんでもアリの世界です。

カースト制度ほど酷くはありませんが、厳然としたヒエラルキーが存在しています。

が、下剋上が容易であるのもbboy界の特徴だったりします。

あまりにも過酷で積み重ねてきたものを上積みすることが非常に困難なため、トップ層は長く立場を維持することができないからです。

またシーンの成長速度が速いため適応できない者から脱落していきます。

 

そのため、舐めきってバカにしてた初心者がいつの間にか自分より上手くなっているということが往々にして発生します。

 

そうして辛酸を舐めてきた者が上に上がると、やはり同じようなことが起こります。

 

まぁ当たり前です。

 

自分より地位・能力において劣る者がいる、という状態ほど甘美で人間の本能を心地よくくすぐるものはありません。

 

それは歴史や社会が証明しています。

 

苦しい練習に耐えることができるのも、極論を言ってしまえば優越感に浸り、他者を見下すため、という欲求が理由の1つと言っても差支えありません。

 

そして、BBOYが本質的に抱えている欲求をすべて満たすためにはどうしたらいいかと言うと、単純に上手くなり勝ちまくることです。

 

上手くて勝てる

 

それさえあれば精神面は満たされます。

 

シーンの変化に順応しながら常に進化し洗練され続けていくことこそがBBOYの本懐です。

 

ところが、そうは問屋が卸しません。

 

気が狂ったような高強度のトレーニングに肉体は悲鳴を上げ始めます。

 

体がもうついていけない。

 

ダンスばっかりやっていたせいで金もない。

 

じゃあどうするか、というところでBBOYらしからぬ行動をし始めます。

 

今までまったく興味の無かった層へ食い込み始めたり、他の畑へ繰り出し始めます。

 

普及、教育、慈善を掲げ始めたりするあたりで、その人間の本質を知っている者達からすると失笑を禁じえないわけですね。

 

BBOYの多くは本質的には弱者排除意識の強い者達であるため、ダブルスタンダードで矛盾した行動になりまずもって信用されませんし、そもそも他にちょっかいかけてる暇があるなら練習しろよ、ともなりますし、そういった活動に注力してる時点で練習時間は割かれライバル達はその間にもどんどん先にいってるわけで、、、

 

歴戦の強者達がBBOYの皮をかぶったなにかに成り下がる、ということが今後さらに起こり得ることを考えただけで寒気がする。